業種

スマート農業 IoT

農園 縁側

レストランでの自社生産のお米の在庫管理で作業効率がアップ

事例を読む
農業のイメージ

農業の課題

我が国の農業は現在、大きな課題を抱えています。具体的には…。

  • 農業人口の不足と高齢化

農業人口の数は、2015年の176万人から2020年には136万人まで減少。さらに、農業従事者数に占める65歳以上の割合は、2015年の64.9%から2020年は69.8%に。

 

  • 外国人労働者の入国制限
  • 農業分野の外国人の受け入れは、2014年から2019年の5年間で1.7万人から3.5万人と約2倍に急増していましたが、コロナ禍における入国制限により、一時は全国で2,500人の受入の見通しが立たない状況に。

 

  • 機械化が難しく手作業に頼らざるを得ない 危険な作業やきつい作業
  • 農作物の加工・選別など 多くの雇用労力に頼る作業
  • 農業者が減少する中、一人当たりの作業面積は拡大
  • トラクターの操作など熟練者でなければ できない作業が多く、若者や女性が参入困難

このように、担い手の減少・高齢化の進行等により労働力不足や人手に頼る作業や熟練者でなければできない作業が多いことから、省力化、人手の確保、負担の軽減が重要な課題となっています。

そこで、政府と農林水産省が取り組んでいるのが

「農業」× 「先端技術」=「スマート農業」

「生産現場の課題を先端技術で解決する!農業分野におけるSociety5.0※の実現」 です。

※Society5.0:政府が提唱する、テクノロジーが進化した未来社会の姿

※出典:「農林業センサス」(2020年は概数値)

スマート農業・IoTとは

農業IoTとは?

農業IoT」とは、スマート農業で活用される先端技術のひとつです。センサーと通信機能を持ち、インターネット経由でデータをやりとりする機能があります。具体的にはIoTセンサーやIoTカメラがあります。
スマート農業」とは、先端技術を活用する新しい形の農業のことで、スマート農業で活用している先端技術には

  • 1. ロボット技術
  • 2. 人工知能(AI)
  • 3. IoT

があります。

農業IoTへの期待

農業IoTには、日本の農林水産業が抱えている人手不足や技術継承の難しさという課題を解決する先端技術として、大きな期待が集まっています。

実際に現在農林水産省主導で、農林漁業者、企業、大学、研究機関が一体となり、農業IOTを使用したスマート農業を普及させる取り組みを進めている最中です。

スマート農業IoTへの効果やメリット

  • 作業の自動化

ロボットトラクタ、スマホで操作する水田の水管理システムなどの活用により、作業を自動化し人手を省くことが可能。

  • 情報共有の簡易化

位置情報と連動した経営管理アプリの活用により、作業の記録をデジタル化・自動化し、熟練者でなくても生産活動の主体になることが可能。

  • データの活用

ドローン・衛星によるセンシングデータや気象データのAI解析により、農作物の生育や病虫害を予測し、高度な農業経営が可能に。

スマート農業IoTの目的

スマートマットで計測できるもの

スマート農業IoTは主に以下の目的で使われています。

  • データの収集と蓄積: 温度・湿度・照度などをセンサを使って、データを蓄積
  • データの分析と予測: 分析したデータを元に収穫や出荷など作業の予定を立てる
  • 設備の遠隔監視と操作: ビニールハウスや田畑に行かずモニタリングし、設備を操作

経験や勘に頼っての作業が多く、これまで新規参入が難しかった農業。

農業IoTで集めたデータを元に作業すれば、誰でも農業で収益を手にできる仕組みを作ると考えられています。

また農業IoTの導入による作業効率のアップで、農業に従事する人たちがライフワークバランスを保って働きやすくなります。

農業現場の在庫管理を変えるIoTとは

IoT(アイオーティー)とは、Internet of Thingsの略で、「モノのインターネット」という意味です。

あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、具体的には以下のようなことを可能にします。

  • 離れた場所からモノを操作する
  • 離れた場所からモノの状態を把握する
  • モノや人の動きを検知する
  • モノとモノとを繋ぐ

IoTを使った家電や設備には、センサーやカメラなどが搭載されており、モノの状態や周辺環境といった情報を感知・収集し、インターネットを介して、それらのデータを人やモノに伝えます。

搭載されているセンサーは、機器によって光センサーや温度センサー、重量センサーなどさまざまです。

重量センサーで重さを測る仕組みで効率的な在庫管理が可能な話題のIoT機器をご紹介していきます。
 

置くだけで在庫の見える化!農業現場の在庫管理を劇的に変えるスマートマットクラウド

スマートマットクラウドは、体重計のような形の在庫管理用IoT機器です。置くだけで在庫の見える化が誰でも簡単に可能な在庫管理システムです。

棚卸と発注を自動化し、在庫管理をミスなく簡単に実施することができるほか、CSV自動出力も可能なので、データをスピーディに共有・活用できます。

※スマートマットクラウドの詳しい説明はこちら
スマートマットクラウドの発注機能に関する詳しい説明はこちら

 

農業のスマートマットクラウド導入前の悩み

経験や勘に頼っての作業が多く、これまで新規参入が難しかった農業。

農業IoTで集めたデータを元に作業すれば、誰でも農業で収益を手にできる仕組みを作ると考えられています。

また農業IoTの導入による作業効率のアップで、農業に従事する人たちがライフワークバランスを保って働きやすくなります。

しかし現段階では、農業IoTの初期コストが大きく、導入に踏み切れる農家が少ない点や農作物によって生育方法が異なるため、農業IoTの技術がフィットしないケースが多い点が課題になっています。

スマートマットクラウドは、初期費用を抑えて導入でき、あらゆる農家で利用可能なソリューションです。

農業のスマートマットクラウド導入前の悩み

スマートマットクラウド」は重量計IoT。デバイスの上に計測するものを乗せると、その残量を計測。肥料や農薬といった農業用品や農作物の在庫管理を自動化します。
スマートマットを導入前の農家が抱えていた在庫管理の悩みや課題は以下のようなものでした。

  • 人手不足で出荷や納品・在庫管理の労力が負担になっていた
  • 自宅と田畑・ビニールハウスなど作業場が離れていて見回りに時間がかかった
  • 伝票を手書きで作成し、作業が大変で記入ミスもあった

農業でスマートマットクラウドを導入するきっかけ

農業の在庫管理の課題

スマートマットクラウドは現在、業界問わず幅広いお客様に導入・活用していただいています。
お客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウド導入のきっかけを以下にまとめました。

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

にんにく農家

提携先のレストランまで在庫を確認しにいく作業に、時間を取られる

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

いちご農家

農薬の在庫を切らしてしまい、予定していたタイミングで作業できないことがある

09066725c9804e02512af6d3cbef0487

在庫管理

コメ農家

離れた倉庫の米の在庫が把握しにくく、つい在庫管理が後回しになる

スマートマットクラウドの活用事例

スマートマットは「コードレス・省電力・薄型」なIoT機器であり、現在までに様々な業種のお客様に導入していただいています。
特に農業での在庫管理では、インフラが整備されていない場所でも使える電池型というスマートマットの強みが存分に生かされます。

※スマートマットのその他の機能に関する詳しい説明はこちら

計測商品(例)
米・野菜・果物の農作物
牛乳・豆乳・野菜ジュース
農薬(粒剤・液剤)
肥料・単肥
出荷用のビニール包装資材
支柱・防草シート・ホースなど農業資材
置き場所(例)
畑近くの資材置き場
農業用倉庫
折りたたみコンテナの下
提携ショップ・レストラン

▼提携先レストランでの在庫管理 農園縁側様

農園縁側事例

リモートで納品先の在庫状況がわかり、確認訪問の作業負担を抑えることができます

▼冷蔵庫の中の乳製品管理 株式会社FIKA様(宿泊業)

FIKA事例

冷蔵庫の中※の乳製品やジュースの在庫管理に使用できます

※冷所での使用に関する説明はこちら

スマートマットクラウド導入による効果

農業用品や農作物在庫の見える化
在庫が減った農薬や肥料が自動的に発注されるため作業が予定通りに進められる
自宅から離れた倉庫や提携先の在庫を正確に把握でき、納品作業にゆとりができる
業務効率化
資材の急な調達や急ぎの納品で農作業を中断する必要がなくなる
肥料や用土など重たい農具用品を数を数えるために移動する作業が不要になる
在庫台帳や管理簿の手書きによる記入作業がいらなくなり、記入ミスも発生しない
場所を問わず正確に在庫管理
電源供給が難しい農地や倉庫でも在庫を管理できる
種子からパレットに乗った肥料まで、様々な形状のものを同じシステムで一元管理できる

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

スマート農業 IoTの関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
3分で分かる!在庫管理・発注自動化!
今すぐ無料資料をダウンロード