業種

スマートホーム

NTT西日本

スマートホームプロジェクトの一貫としてスマートマットクラウドを導入

事例を読む
smarthome01

スマートホームとは【セキュリティ・自動化】

smarthome_iot01

スマートホームとは「IoT(ものをインターネットで繋ぐこと)」や「AI(人工知能)」などの技術を使い、住む人にとってより安全・安心で快適な暮らしを実現する家のことです。

住居そのものよりも、そこに装備されたシステムを意味することも多いようです。

スマートホームには大きく分けて以下の2つを目的としたものがあります。

セキュリティ

住宅の警備を強化

自動化

住宅の設備を自動化

そして、国内のスマートホーム市場は、2018年の3兆936億円から、2025年までには4兆240億円に拡大すると予想されています*。

*株式会社 富士キメラ総研「スマートホーム市場総調査 2018」より

スマートハウスとの違い

似ている言葉にスマートハウスがありますが、生活をこれまで以上に便利で快適なものにしてくれる点では同じですが、意味合いは多少異なります。

スマートハウスとは、家電やガス、水道、電気などのメーターをシステム(Home Energy Management System)で一括管理します。

家電を管理する点ではスマートホームと変わりませんが、利便性や快適性よりも省エネや節約を重視した住宅のことで、大きなメリットは光熱費やCO2の削減です。

スマートホームデバイスの具体例

スマートホームといえばAmazonの音声認識システム「Alexa(アレクサ)」を使った「アレクサ*****して」が有名ですが、ではスマートホーム化するために使用されているデバイス(単体の機器や装置)にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的にみてみましょう。

  • スマートスピーカー

    AIスピーカーとも呼ばれ、AIアシスタント機能で、音声による操作が可能。

  • スマートリモコン

    電気やエアコンのスイッチを出先からでも操作できるリモコン。

  • スマートロック

    スマートフォンアプリなどの機器を使用して自動で鍵を施錠・開錠。

  • スマート照明

    インターネットに対応しているライト。外出先での操作や音声での操作が可能。

  • スマートプラグ

    コンセントに挿すだけで、接続した家電をIoT化する機器。Wi-Fi機能搭載。部屋のコンセントに挿し、家電のプラグをそこに接続することで、スマホアプリやスマートスピーカーからオン/オフの操作が可能。

  • ネットワークカメラ

    別名:IPカメラ。カメラ本体にコンピュータが内蔵されていて、機器そのものにIPアドレスが割り振られており、単独でインターネットに接続可能。防犯や小さい子供・ペットの見守りに。

  • スマートマットクラウド

    重量をベースに自動で在庫管理を行う最新のIoT機器。うっかり切らしてしまう飲料水やペットフードなどの在庫を管理、自動発注が可能。

家庭における在庫管理の課題とスマートマットクラウド

smarthome_iot03

家庭での在庫管理の課題にはどのようなものがあるのでしょう。具体的にみていくと…。

・共働き家庭も多く、家事にかける時間が足りない。特に日用品の消費が多く残量を把握しきれない。

・忙しい仕事の後に買い物をすることが大きな負担になっている

・クローゼットや押入れで日用品を管理する場合、数量を知るためにはいちいち取り出さねばならず面倒。

・調味料、トイレットペーパー、シャンプーなどの日用品の買い置きがうっかりなくなり慌てることがよくある。

・在庫がなくなり、急いでコンビニなどで買うと割高になってしまう。


このような「家庭の在庫管理の課題」を、スマートマットクラウドなら解決できます。

スマートマットクラウドは、体重計のような形の在庫管理用IoT機器です。置くだけで在庫の見える化が誰でも簡単に可能な在庫管理システムです。

管理したい商材を置いておけば、セキュリティ体制が強固なAWS*サーバーを介してソフトウェア上で在庫情報や発注情報と突き合わせ、自動的にお知らせしてくれるので、買い忘れをしっかり予防できます。

*Amazon Web Servicesの略で、Amazonが提供している100以上のクラウドコンピューティングサービスの総称。
smarthome01smarthome02smarthome03smarthome04

※スマートマットクラウドの詳しい説明はこちら
スマートマットクラウドの発注機能に関する詳しい説明はこちら

スマートマットクラウド導入のきっかけ

properstock03-1

スマートマットクラウドは2020年12月現在、業界や企業の大小問わず幅広いお客様(累計導入600社/16,000台の実績導入)に活用していただいています。

smarthome_iot02

ここでは、お客様の実際の声をもとに、スマートマットクラウド導入のきっかけを以下にまとめました。

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

自動発注

共働き会社員

仕事で忙しく日々の日用消耗品を買いに行く時間がない

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

効率化

独身男性

近隣にスーパーマーケットやコンビニがなく、重いコメや飲み物を定期的に購入するのが重労働

d160a53f71104dc4e5ed3c300ba3ba79

付加価値

住宅販売業

[マンション開発業者様や通信事業者様向け] マンション内装や機能性で他社とは異なる価値提供を図りたい

スマートマットクラウド導入による効果・事例

smarthome_mat02smarthome_mat01smarthome_mat03smarthome_mat04

↑ ご家庭では日用必需品(洗剤、トイレットペーパー、ティッシュ等)の残量管理と自動発注にマットをお使いいただけます。床に直接置くケースもあれば、棚の中や収納スペースに設置いただくケースもあります。

計測商品(例)
ご家庭で毎日飲む缶ビール。350mlx24本セットをダンボールごと
ストーブなどに使う灯油タンク。1〜2本をそのままマットに
置き場所(例)
キッチン下の棚の中。米専用スペース
洗面所の棚の中。洗剤・シャンプーなどの詰替用

▼備蓄品管理(株式会社ミサワホーム総合研究所様)

smarthome_IOT_03-1

主力商品に「蔵のある家」という住宅の「蔵」を災害備蓄倉庫としても活用

▼自動発注(NTT西日本・西日本電信電話株式会社様)

smarthome_IOT_04-1

スマートホームのコアソリューションの1つ、ドリンク類や米などのライフラインとなる商材を自動補充のため、ショールームで、ミネラルウォーターペットボトルの自動発注

スマートマットクラウドの導入による効果

買い物難民の救出
近所にお店がない、または足腰が弱くて出歩けないなど、特に重たい・かさばる消耗品の買い物が苦痛
ネット通販を使いこなすITリテラシーはないが、スマートマットクラウドに置くだけであれば簡単
多忙な家庭での在庫切れ防止
共働きでついつい消耗品を切らしてしまい、コンビニに走る。そのような面倒がなくなる
買い物に費やしていた時間を家族との余暇や趣味に振り向けることで家庭円満にも貢献
[デベロッパー様・通信事業者様向け]マンションの高付加価値化
キッチン一体型、収納一体型といった形で最初から住居に設置しておくことで、スマートマンションとして付加価値が高まる

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求

スマートホームの関連記事

6/30まで!スマートマットクラウドはIT補助金を利用できます

  • 今すぐ資料請求
3分で分かる!在庫管理・発注自動化!
今すぐ無料資料をダウンロード