特徴

最低発注金額機能

最低発注金額機能とは

最低発注金額機能とは

スマートマットクラウドは、2021年7月7日(水)から、新機能「最低発注金額機能」をリリースしました。


  • 自動発注では、発注金額がコントロールできないので送料が無駄にかかる
  • 発注金額をコントールするには、手動で発注を調整する必要があるので人手がかかる

こんなお悩みを解決する新機能が「最低発注金額機能」です。

最低発注金額機能で業務負担とコストを削減

「最低発注金額機能」を利用することで、以下のようなことが可能になります。

  • 完全発注自動化で手作業負担の軽減
  • 送料コストの無駄を削減
  • 管理対象拡大による在庫管理一元化

最低発注金額機能一覧

機能 詳細
最低発注金額を設定 定期不定量・不定期定量のどちらも対応
メール、FAX、infomart、medicodeなどの発注方法に対応
仕入先一覧に最低発注金額の欄を追加
在庫登録時に発注単価の確認 仕入先に最低発注金額が設定されているかつ発注単価が0円・未設定の時にアラート表示