在庫管理術

生産・販売・在庫計画の連携で在庫の適正化!PSIとは【PSI計画・PSI管理・仕組み】

PSIとは

PSIとは

PSIとはPSIとは、英語のProduction(生産)、Sales(販売計画)、Inventory(在庫)の3つの単語の頭文字を取った言葉で、PSI計画という用語で使用されています。

そして、PSI計画とは文字通り、生産計画、販売計画、在庫計画を同時に連携し、行なうことで過剰在庫や欠品を防ぎ、適正な在庫をキープ、業務の効率化を図ることを目的としています。

PSI計画は、日本語では「生販在計画」とも呼ばれます。

この記事では、PSI計画やPSI管理の仕組みやPSIを成功させるために必要なDX、IoTについてわかりやすく解説していきます。

PSI計画の方法・仕組み

PSIの方法

PSIの具体的な方法は以下の通りです。

販売部門販売計画や見込みを立てる
⬇️
物流・調達部門在庫計画や仕入計画を立てる
⬇️
生産部門販売計画や基準在庫、生産ロット数などから生産計画を立てる
⬇️
④各部門が立てた計画について、各部門間で共有、連携させる

PSI管理とは

PSI管理とは、PSI計画を的確に実施するための管理手法です。

そして、多くの企業が生産・販売・在庫を統合的に管理するPSI管理を取り入れ、適切な生産計画や在庫の最適化を目指しています

PSI管理を行う際に注意したいのが、仕入や生産の数を人間の勘に頼るのではなく、客観的な数値を基に決定することです。

そのために、欠かせないのが、計画と実績の比較・分析。計画に対するプロセスや結果を分析し、課題の改善を行っていくことで、PSI計画の精度が増し、PSI管理の適正化が図れます。

人の勘やエクセルによるPSI管理の失敗を防ぐDX

DX(ディーエックス)とは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略です。

PSI管理に欠かせない計画と実績の比較・分析を正確に行うには、これまでのような人の勘やエクセルなどの手法ではなく、DXを取り入れることが今後の企業の生き残りを左右するとまで言われています。

そして、DXを実現するために必要なのがIoT(Internet of Things/モノのインターネット)やAI(Artificial Intelligence/人工知能)などの技術です。

  • IoT(Internet of Things/モノのインターネット)

    スマートスピーカーやスマートホーム、自動運転車など、近年急速に実用化が進んでいる先端テクノロジー

  • AI(Artificial Intelligence/人工知能)

    収集した大量のデータ(ビックデータ)から判断の仕方を学習し、単純作業などを行う先端テクノロジー

PSI計画・PSI管理をサポートする!スマートマットクラウド

スマートマットクラウドはPSIをサポートスマートマットクラウドは、株式会社スマートショッピングが運用するIoT機器スマートマットを利用した在庫管理・発注自動化サービスです。

今までありそうでなかったスマートマットが重さで在庫を検知するというシンプルな仕組みを利用して、残量/残数をスマートマットクラウドに保存。

タグやバーコードの貼り付け・読み取りなどの作業負担もなく、管理画面から実在庫の自動記録、確認ができます。

また、現場への導入に向けては、専門のカスタマー・サクセス担当が、お客様を厚くサポートします。

オフィスのコピー用紙、倉庫や工場の小さなネジ類、 冷蔵庫の見えない食材、遠方のお客様先に設置した自社製品など、業種・品目を問わず幅広い場面に対応。CSVやAPIを利用し、生産・在庫管理・購買システムとの連携も可能です。

スマートマットクラウドの主な機能と特徴は以下の通りです。

機能 スマートマットクラウド
計測最大重量 A3サイズ:100kgまで/A4サイズ:30kgまで/A5サイズ:5kgまで
マルチマット 複数台による計測可
在庫管理 可能
棚卸 可能
接続方法 Wi-Fiで接続
海外での利用 可能な地域あり
冷凍室での利用 可能
発注方法 メール、FAX、インフォマート、メディコード
発注方式 不定期定量発注と定期不定量発注の2種類
在庫量の遠隔監視 可能
アラート機能 在庫が少なくなったタイミングでのメール通知

※2021年6月現在の情報です。

信頼できる在庫管理システム「スマートマットクラウド」

在庫管理や棚卸の業務負担にお困りですか? 「スマートマットクラウド」が毎日の在庫管理業務を、劇的に改善。

「管理商材が多く、ICタグを貼る業務が負担」
「初期投資費用がかかりすぎる」
「システムを入れたけど結局棚卸が必要」

自社に合った在庫管理システムが見つからずお悩みの企業様。 費用面でも運用面でも導入のハードルが低く、 早期の導入効果を実現する「スマートマットクラウド」の資料請求はこちらです。

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

関連記事

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求

人気事例

もうすぐ締切!IT導入補助金が利用可能

「スマートマットクラウド」は、IT導入補助金2021の対象ITツールに認定。
申請を検討の方はお急ぎください

  • 今すぐ資料請求
全自動で在庫管理・発注を行う! ︎