欠品の不安と在庫管理の時間を無くし、本業に集中|医療法人まほうつ会

maho_top

医療法人まほうつ会

業種:歯科医

今回は、鹿児島県と宮崎県で小児専門の歯科医院をされている 医療法人まほうつ会の上捨石(かみじゅっこく)様にお話を伺いました。

  • 週に1回しか在庫確認の時間が取れず、在庫切れを避けるため余分に在庫を持つことが多かった
  • 欠品が出た場合はクリニック間での在庫のやりとりで、時間のロスが生じていた
  • 在庫の有無がひと目でわかるようになり、現場スタッフから簡単にできると好評
  • 無料で事例集をダウンロード

 

スマートマットを導入する前の課題について教えてください

上捨石様:

当医院は、鹿児島と宮崎で小児専門の歯科医院を運営しています。小児専門の歯科医院は地方では珍しく、医療の地方格差を無くしたいとの思いで院長が創業しました。

 

非常にやりがいのある仕事ですが、小児専門ということもあり業務が非常に多忙で、医院で利用する消耗品の在庫管理に使う時間を無くしたいと思っていました。

 

元々は、直接数えて記録する在庫管理方法をとっていましたが、業務の都合上、週1回くらいしか在庫を数える時間がありませんでした。

 

そのため、「在庫が今いくつあるのか」ということが正確に把握できず、余分に在庫を置いておくというような方法をとっていました。

 

また、業務に必要なものが欠品した場合、在庫がある店舗の間を2時間かけて往復することもあり、時間的なコストをどうにか改善したいと思っていました。

導入いただいた決め手、他のツールとの比較について教えてください

上捨石様:

まず、私が大きく気にしていた「現場が負担なく導入できる」点や導入コストの低さ、また、重さで在庫管理をするという斬新な発想が良かったです。

 

導入のしやすさを気にしていたのは、通常の業務が非常に多忙なため、導入時に現場に負担があるものは利用できないと感じていたためです。

 

バーコードやQRを利用した他社様の在庫管理システムの説明も聞きましたが、導入が簡単ではなさそうだったのと、運用に人手が割かれるということが分かり、候補からは外れていました。

スマートマットクラウドは、広告で見かけて、「重さ」で在庫管理をするというコピー内容に非常に興味を惹かれました。

 

バーコードやQRを利用した在庫管理は仕組みがイメージしづらかったのですが、「重さ」で在庫管理は、シンプルですぐイメージができました。

 

また、スマートマットクラウドは”届いたものを乗せるだけ”の運用だったので、運用コストもかからずに導入もしやすそうだと感じました。

 

コストに関しても、「在庫管理のプロを雇った」と考えれば費用対効果は高いと思い、導入を決めました。

スマートマットクラウドで管理してるものを教えてください

上捨石様:

注文頻度が高いものから管理しています。

主に、医療の中で使用する消耗品、例えば治療中に使用している風が出る器具のノズルやエプロンなどです。 その他、ペーパータオルなどの備品、紙などの事務用品も管理しています。

医療法人まほうつ会 管理風景消耗品の管理風景

医療法人まほうつ会 管理風景2 消耗品の管理風景2

導入後の感想を教えてください

上捨石様:

まだ導入したばかりなので効果はこれからかと思いますが、現場のスタッフからはすでに「えーこんなに簡単にできるんだ!」と喜びの声があがっています。

 

まだ導入していない部署からも「うちも導入してほしい!」という声を早速もらっています 導入してみて、在庫があるのが一目でわかるのはなんといっても安心しますね。

インタビューのご協力ありがとうございました。 導入開始時点でも日々の在庫一覧が分かるなどの点でお役にたてているようで幸いです。カスタマーサクセスと一緒に発注自動化なども進めていただき、ますます本業に注力いただける環境づくりのお手伝いをさせていただければと思います

医療法人まほうつ会|スマートマット導入の概要

導入目的

在庫管理、発注の自動化、業務効率化

設置場所

クリニック内倉庫

管理商材

治療に必要なノズルなどの消耗品やペーパータオルなどの備品、コピー用紙など

スマートマット導入の決め手

シンプルな仕組みで導入負荷や運用負荷が低そうだった点

在庫管理を自動化!もっと事例を見る

  • 資料をダウンロード(無料)

関連記事

在庫管理から発注、棚卸まで不要に!

  • 資料をダウンロード(無料)
新規CTA
資料をダウンロード(無料)